トップページ >> ダイエットと食事の時間について

ダイエットと食事の時間について

木曜日, 4月 21st, 2016 | fjgfjndg;*M | 未分類

ダイエットの際に、栄養の偏りがない食事をすることや、運動の習慣を意識する人は多いですが、食事をする時間帯も重要になります。毎日何時ごろに食事をするかでも、ダイエットに及ぼす影響は異なってくるといいます。食事の献立や、カロリー量を気にするだけでなく、時間についても心を配ることがダイエットに役立ちます。

前提として、ダイエットをしているからといって食事は抜かずに、1日3回食べるよう心がけます。ダイエットを意識して食事をする場合は、体内の臓器が盛んに活動している時間帯がおすすめです。朝は、納豆や野菜、果物を積極的に食べることで、活動が増している肝臓の機能を利用するようにします。肝臓機能は正午頃が最も活発になりますので、昼食には糖質も意識して補給しましょう。

甘いおやつを食べて糖質を体内に取り入れるタイミングとしては、膵臓がよく働く午後3時が頃合いです。内臓は、夜9時を回ると働きがゆっくりめになりますので、これより後に糖質を摂取すると、消費されずに脂肪になります。夕食は、野菜にウエイトを置いた食事にするといいでしょう。腎臓が夕方から活発になりますので、それを利用する形になります。

ダイエット効果の高い食事を摂取するためには、体内のどの臓器、どの時間帯に活動する性質があるかを知っておくといいでしょう。ダイエットのために食事を見直す場合、栄養の偏りや、カロリー量も必要なことですが、食事の時間にも配慮していきましょう。